SANS Institute とは

情報セキュリティ分野に特化した教育専門機関として、SANSは世界的なブランドです。

SANS Instituteは、政府や企業・団体間における研究、及びそれらに所属する人々のITセキュリティ教育を目的として1989年に設立された組織です(本部:米国ワシントンDC)。設立以来、165,000人を超えるセキュリティの専門家や情報システム監査人、システムアドミニストレータ、ネットワーク管理者などに情報セキュリティ教育プログラムや各種セキュリティ情報・意見交換の場などを提供しながら、彼らが直面している問題の解決策を絶えず模索し続ける世界トップレベルのセキュリティ研究・教育機関として、今なお成長を続けています。メンバーの中心は、ネットワーク社会の健全な発展のために労を惜しまず調査・研究を行っている政府機関や企業、大学の関係者などで、彼らが調査・研究した成果物である情報リソースは、ニュースダイジェストやリサーチサマリー、脆弱性情報、その他研究報告書等にまとめられ、世界各国に配信されています。また、SANS Step-by-Step Seriesなどの出版物による収入は、大学のセキュリティ研究プログラムに役立てられ、教育研修によって得られた収入は、情報セキュリティに関する研究プロジェクトや、トレーニングプログラムのさらなる充実のために還元されています。

現在、全米各地をはじめ、イギリス、カナダ、オーストラリア、シンガポールな どでセキュリティトレーニング(14コース、各6日間)を開催し、年間15,000人 以上の動員実績を誇っています。

なお、SANS Instituteでは、セキュリティトレーニングやGIAC試験、出版活動などのほかにも、インターネットストームセンターやSCOREと呼ばれるプロジェクトを運営したり、さらには、FBI(米国連邦捜査局)と共同で脆弱性Top20などのリストも発表しています。

ページトップへ▲