研修イベント

SANS Tokyo 2015
SEC401 SANS Security Essentials Bootcamp Style

本コースは、情報セキュリティの全分野を履修するコースです。組織のシステム管理や情報セキュリティに必要な理論、本質的な要素技術について学びながら、すぐに実践できるパフォーマンスの高いスキルを身につけられるよう、座学と演習で構成されています。SANSトレーニング受講者動員実績No.1コース!!

お申し込み  コースの詳細
SEC503

本コースは、ネットワークペネトレーションテストを成功させるための要素を取り上げ、企業におけるセキュリティに対するスタンスを改善するのに役立つ内容となっています。ペネトレーションテスト技術の限界や、ペネトレーションテストに加えて使用できるアーキテクチャ、ポリシー、プロセスにおける脆弱性の検知などについて学び、包括的な企業情報セキュリティプログラムの一環として、ペネトレーションテストがどのように統合されるべきかについても取り扱います。

お申し込み  コースの詳細
FOR408 Windows Forensic Analysis

OSに対するより深いフォレンジックスキル構築に焦点をあてたコースです。「守るものについて知らなければ、何も守ることはできない」という考え方があります。フォレンジックで出来ることやアーティファクトについて理解することは、今やサイバーセキュリティの必須事項といえるでしょう。本コースでは、Windowsシステムでのデータ復旧、分析、検証方法を学習します。ネットワーク上のユーザーの行動を詳細に追跡する方法を学習し、インシデントレスポンス、内部不正調査、民事/刑事訴訟において、どう見つかった証拠を整理していけばよいか理解しましょう。

お申し込み  コースの詳細
SEC503

このコースでは、TCP/IPのセオリー、パケット分析、Snortを使用したトラフィックの分析、トラフィック、侵入分析の技術、ツールがよく分かるようになる理解力から、インシデント調査の実践演習で学んだ事項の強化まで、系統的に発達させます。履修者は、トラフィック解析を必要としている生きた環境に戻ってすぐ、「新しいことにしっかり取り組む」ことが可能になるでしょう。

お申し込み  コースの詳細
SEC504 Hacker Techniques, Exploits and Incident Handling

本コースは、攻撃者のねらいとその手口を詳細に理解し、それを踏まえた脆弱性の発見と侵入検知の実技経験を養い、総合的なインシデントハンドリングが行えるようになることを目的としています。受講を通じて得られる知識とスキルによって攻撃者より優位な立場に立てるでしょう。

お申し込み  コースの詳細
FOR508 Advanced Computer Forensic Analysis and Incident Response

本コースでは、デジタルフォレンジックアナリストやインシデントレスポンスチームが、APTを含む洗練された攻撃を行う集団や金融犯罪シンジケートに対抗して、脅威の識別、封じ込め、修正を行う手順を学習します。さらに、学習成果を高めるため、ネットワーク業界の先進的企業で実際に起きている標的型攻撃を元に開発された、実践的な訓練にチャレンジし課題解決を通して理解を深めていくことで、今までよりも早い段階でAPT攻撃の存在に気付くことができるようになるでしょう。本コースを通じて、誰に何のデータが盗まれたのかを洗い出し、具体的な脅威を封じ込め、攻撃に対抗しマネジメントできる能力をもった職員として成長することができます。

お申し込み  コースの詳細
ページトップへ▲